FC2ブログ

ni-

ミラニスことにらさんのつくえ。 1年ぶりにブログふっかつ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッツチャイナバッシング

社会ばっかかよヽ(`Д´)ノ >自分
そのうち家庭科とかもばんばんやりますって =□○_

昔アメリカで日本車をハンマーでバンバンするのが流行ったが、
今中国でやってることはまさにそれのような気がする。
とは言っても、アメリカのときはそれが純粋な輸入品だったから
いいものの(当時車は船で向こうへ運んでいた)
今中国で出回っている日本製品なんか、生産過程にほとんど中国が
入っているのだから、それをボイコットしてたら自国の首を
絞めるようなものなんだと誰か教えてやってくれ(ノ_・。

タイトル見て中国叩きだと思った方は申し訳ない。
だってボクニラ玉好きだもん(関係ない

経済の観点から見ると、中国の安物の流入が止まれば、
(他国の安物が入ってくる可能性も高いが)
国産品の流通が活発になって物価も上がり給与も上がり
っていう好景気サイクルに入るきっかけにはなるだろうし、
実際ある程度やるべきなんだろうけど。
日本の貿易黒字の大部分を中国がかじっているのだとすると、
これはややこしい事になるかもしれない。

結局、生徒には「両国の立場を考えないとね」なんて、
月並みな教え方になってしまうのがものすごく悔しかった。
でもこれが最善なのではと最近思うようになった。
国粋主義者を育てるのが教育ではないし、偏った見地から
教えてしまっては元も子もないのだろう。
だから今は両方の立場を均等に掘り下げて教えることにしている。
お前ら聞くだけじゃなくてちゃんと考えろよ?(ノ_・。
スポンサーサイト

日本的平和主義/スイス的中立主義

本国憲法の授業をしているとき、生徒からこんな質問があった。

「先生、平和主義の憲法って世界にいくつもあるんじゃん?」

実は、先立って「このような平和憲法は世界でも例がなく・・・」と
説明しており、戦争放棄を明文化した憲法が世界に一つである
ことを言っていたのだ。

「スイスって中立国ですよねぇ、あれも平和主義なんじゃない?」

イマドキの中学生にしてはなかなか教養のある生徒で、
今までも比較的鋭い質問をぶつけてきたことが多々あった。

スイスと言えば、永世中立国である。
赤十字の元になったことでも知られる。
こうしたイメージから「スイスは平和主義」という、
誤った解釈が広まってしまうのも仕方ないかもしれない。

意外かもしれないが、スイスはいろいろな意味で軍事国家である。
スイス製の銃と言えば、高性能で耐久性があることで知られる。
自衛隊や、要人護衛を初めとした日本の公安各所の装備にも採用
されるほど信頼性のある兵器を生産しているのだ。
そして、スイスの基本精神は「国民皆兵」である。
ある年齢以上の国民は戦闘訓練を受け、一部は民兵として労働して
もいるし、普通の家庭にも人数分の小銃が配布されている(!)
さらにスイス憲法にも有事の際は「各州が協力して外敵に当たる」
と明確に書かれてもいる。州ごとの自衛自治も徹底している。

ここまで書くとわかると思うが、スイスは徹底した「中立主義」で
あって、決して「平和主義」国家ではないのである。
同様に、正式な国名に「永世中立国」とした中央アジアの小国も、
スイスよりさらに「攻撃的中立」をその信念としており、決して
平和を希求してそんな国名にしたわけではないのである。

上の生徒にも、そのように説明して納得してもらったが、
日本国憲法は世界で唯一つ「戦争しません、絶対しません」と
しっかり書かれている憲法である。
憲法改正などと言われているが、この世界唯一の平和憲法の価値を
今一度考え、その上で改正してもらいたいものである。

新たなる世界の中心

い時代がまたひとつ、終わりを告げた。
全世界の教会の鐘と、10億のカトリック教徒に送られて、
ヨハネ・パウロ教皇猊下が逝去された。
我々全カトリックの父であるとともに、平和の母である猊下の
冥福を心よりお祈りするところである。

CIAが弱体化し、世界の情報の中心がヴァチカンに移った。
教皇が何個師団持っているかなどと聞いた愚か者がいたが、
実際にはその時点でどの国よりも強力な体制を築いていた教皇は、
その前後で多くの変革を社会にもたらした。
黒人社会に希望を与え、寒空のプラハに春をもたらした。
ブレジネフの死亡がヴァチカンの陰謀であったとする説さえある。
その反動か、先に死去したアラファト議長とともに、ヨハネ・パ
ウロ2世は世界で最も命を狙われる人物になった。
教皇暗殺未遂事件がKGBの仕業であった証拠がいまさら出てき
たらしいが、そんなことは当時から明白である。
それだけ猊下は世界情勢に直接的な影響を持っていた。
アメリカでさえ、猊下を鬱陶しく思うことがあったに違いない。
時には国家ぐるみで行われる数々の妨害を乗り越え、猊下は世界を
正しい方向へ導こうとしておられた。

戦争は人間の仕業です
戦争は人間の生命の破壊です
戦争は死です

猊下が広島で言われたお言葉である。
これほど的確に戦争を定義した言葉を私は知らない。
この混沌とした現世に希望の光を与えてくださった猊下に
そして天に召された我等の父に敬意を表し、広島における
平和アピールの結びの部分を引用し、読む皆様に
我々全カトリックと人類共通の願いを示したい。


 神を信じる人々に訴えます。
私たちの力を無限に超える神の力を受けて、強くなりましょう。
神がわれわれを一致するよう招いておられるのですから、一つに
なりましょう。
 愛と自己をわかち与えることが、はるかかなたの理想などでは
なくて、終わりなき平和―すなわち神の平和に通じる道であると
いうことに、気付きましょう。

 そして、私は自然と人間、真と美の創り主である神に祈ります。

 神よ、私の声を聞いてください。それは、個人の間、または国家
の間でなされた、すべての戦争と暴力のいけにえとなった人々の
声だからです。

 神よ、私の声を聞いてください。それは、人々が武器と戦争に
よる時、いけにえとして苦しみ、また苦しむであろうすべての子
供たちの声だからです。

 神よ、私の声を聞いてきださい。私は、主がすべての人間の心
の中に、平和を創るための知恵と、正義の力と、仲間同士である
ことの喜びを注いでくださるよう願います。

 神よ、私の声を聞いてください。私は、すべての国、また歴史
のすべての時代において、戦争を望まず、常に喜んで平和の道を
歩もうとしている無数の人々にかわって話しているからです。

 神よ、私の声を聞いてください。私たちがいつでも、憎しみには
愛を、不正には正義への全き献身を、貧困には自己の分かち合い
を、戦争には平和をもって応えることができるよう、英知と力を
お与えください。

 おお、神よ、私の声を聞いてください。そして、この世に「あ
なたの終わりなき平和」をお与えください。

 | HOME |  »

管理人について

にら

にら

ユリ科の多年草
白い花を咲かせる
あくが強くくせがある

FC2Ad





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。