FC2ブログ

ni-

ミラニスことにらさんのつくえ。 1年ぶりにブログふっかつ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にら先生の華麗な日々2

しい環境にも慣れを感じてきた。
しかしながら、知人友人など1人もいない状況では厳しいので、
頼れる存在を少しは作っておきたい。そこで日和も良い加減なので
皆が集まる外の広場でネイビーブルーのTシャツを着て真っ赤なリ
ンゴをかじりながら
ファンタジー小説を読んでみた。

5分後・・・
女A「ねえねえあの子って●●の○○くんだよねぇ」
女B「あ、ほんとだぁ、かわいい~♪」

釣れた

ここではまだ振り向いてはいけない。
声を掛けてくるまで本に夢中であるように見せる。
そのために本を持っておくのだ。
周りの状況に気づかずに本に夢中になれるイノセントさを
見せ付ける演出である。これだけでかなり釣れる。
そのうち二人そろって近づいてきたので、
声掛けを誘う動作に入る、風にページがあおられたふりをして
彼女たちと目を合わせるのが最も簡単だ。本はこれにも役立つ。
相手がすぐ目をそらすようであれば「?」という表情をして
すぐに元の演技に戻る。その場を離脱するのは数分後が良い。
このときはうまく標的を誘うことができた。

A「あ、あのさぁ・・・」
ここでは無邪気な表情の中に少しだけ警戒心を混ぜると良い。
('-'*)←こんな感じで
A「君って、○○くんだよねぇ」
に「そうですけど・・・お姉さんは?」
この『お姉さん』がポイントである。
B「(かわいー!)」
に「('-'*)?」
ぽーっとしてるように見せるのは意外と難しいので数ヶ月ほど
鏡を前に訓練が必要である。

この二人にはカレーとミルクの昼食までおごってもらった。
甘口カレーとミルクは結構応用が利く組み合わせである。
ラブレスエリート風のデキルオンナ系の標的にも有効である。

神様、7人ほど手駒ができたのでしばらくは安心です。
これからもボクをお守りください。アーメン。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://niradesk.blog6.fc2.com/tb.php/28-e9206a1d

 | HOME | 

管理人について

にら

にら

ユリ科の多年草
白い花を咲かせる
あくが強くくせがある

FC2Ad





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。