FC2ブログ

ni-

ミラニスことにらさんのつくえ。 1年ぶりにブログふっかつ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本的平和主義/スイス的中立主義

本国憲法の授業をしているとき、生徒からこんな質問があった。

「先生、平和主義の憲法って世界にいくつもあるんじゃん?」

実は、先立って「このような平和憲法は世界でも例がなく・・・」と
説明しており、戦争放棄を明文化した憲法が世界に一つである
ことを言っていたのだ。

「スイスって中立国ですよねぇ、あれも平和主義なんじゃない?」

イマドキの中学生にしてはなかなか教養のある生徒で、
今までも比較的鋭い質問をぶつけてきたことが多々あった。

スイスと言えば、永世中立国である。
赤十字の元になったことでも知られる。
こうしたイメージから「スイスは平和主義」という、
誤った解釈が広まってしまうのも仕方ないかもしれない。

意外かもしれないが、スイスはいろいろな意味で軍事国家である。
スイス製の銃と言えば、高性能で耐久性があることで知られる。
自衛隊や、要人護衛を初めとした日本の公安各所の装備にも採用
されるほど信頼性のある兵器を生産しているのだ。
そして、スイスの基本精神は「国民皆兵」である。
ある年齢以上の国民は戦闘訓練を受け、一部は民兵として労働して
もいるし、普通の家庭にも人数分の小銃が配布されている(!)
さらにスイス憲法にも有事の際は「各州が協力して外敵に当たる」
と明確に書かれてもいる。州ごとの自衛自治も徹底している。

ここまで書くとわかると思うが、スイスは徹底した「中立主義」で
あって、決して「平和主義」国家ではないのである。
同様に、正式な国名に「永世中立国」とした中央アジアの小国も、
スイスよりさらに「攻撃的中立」をその信念としており、決して
平和を希求してそんな国名にしたわけではないのである。

上の生徒にも、そのように説明して納得してもらったが、
日本国憲法は世界で唯一つ「戦争しません、絶対しません」と
しっかり書かれている憲法である。
憲法改正などと言われているが、この世界唯一の平和憲法の価値を
今一度考え、その上で改正してもらいたいものである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://niradesk.blog6.fc2.com/tb.php/39-6f6d3509

 | HOME | 

管理人について

にら

にら

ユリ科の多年草
白い花を咲かせる
あくが強くくせがある

FC2Ad





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。